突然大切な人が亡くなることも少なくない

健康そうに見えていた人が病魔に侵されたり、事故に遭ってしまったりするなどで大切な人を突然失うことも少なくありません。悲しみに打ちひしがれ、何をして良いのかわからなくなってしまいます。しかし、賃貸物件の場合は遺品整理をしないと家賃が発生してしまうなど支障が生じてくるため、的確に行動する必要があります。

遺品整理と生前整理の違いとは?

遺品整理はなくなってから行う

遺品整理は人がなくなった後に遺族によって行われるものです。形見分けをしたり、遺品を整理・処分したりします。故人への思い入れもあり不要な物でも処分しにくいものや、大きなものを動かすのは難しいため、業者に頼むという選択肢もあります。

生前整理は生きているうちに行う

生前整理は自分が死んだ後に遺族が遺産相続で揉めたり処理に困ったりすることがないように、自分の持ち物を整理・処分することです。その後の生活もあるので、必要な物だけを残しその他のものは人に譲ったり処分したりするのが一般的です。

慌てずに対応することが大切

ほとんどの場合、予想していない死に見舞われて気が動転してしまいますが、慌てずに対応することが大切です。自分で処理できない場合は、遺品整理を専門に行う業者に依頼すると、スムーズに作業を終えることができます。

遺品整理を依頼する前に解決しておきたい疑問

部屋

遺品の所有権を明確にする理由は?

遺品の中に価値のあるものがあった場合は所有権が生じるため、権利者以外が勝手に処分することはできません。もめ事を避けるためにも、遺品の所有権を明確にする必要があります。

遺言は残されている?

一般的に遺品は法定相続人のものとなりますが、遺書が残されている場合は法定相続よりも遺書が優先されます。業者に依頼する前に遺書が残されていないか確認しておきましょう。

大型家具もなんのその!遺品整理業者は頼るためにいる

作業員

焦らずに見積もりや対応を比較してから決めよう

遺品整理は個人が賃貸物件に住んでいた場合、早く立ち退かなければいけないなどの都合もあり焦ってしまいます。遠方に住んでいる場合は、なかなか自分で遺品整理に訪れることができないため業者に頼むのが便利ですが、焦って決めるのは禁物です。一つの業者ではなく複数の業者に見積もりを出してもらい、メールや電話での対応を比較することも大切です。なぜなら、遺品整理には明確な料金の基準がないため、業者の言い値で決まってしまう部分があります。キャンセル料などが取られるのかなども確認しておきましょう。

ダンボール

業者なら様々なケースに対応可能

個人で遺品整理をする場合は大型家具などの処理に困ってしまいますが、業者に依頼すると処分するだけでなく買取もしてくれるので、料金の負担を少なくすることもできます。故人の愛用品は処分するのは忍びない気がしますが、供養をしてくれる業者もあるので安心して任せられます。また、整理が終わった後は掃除をしてくれるだけでなく、床や壁のシミをとるなど原状回復をしてくれるオプションもあり、特に賃貸物件では有難いサービスです。業者によって無料サービスの範囲は異なるため、きちんと確認しましょう。

広告募集中