HOME>特集>早いなんてことはない!今のうちに老前整理を考えよう

早いなんてことはない!今のうちに老前整理を考えよう

作業員

遺品整理に困ったらプロに依頼

故人が遠方に住んでいたり、遺族が忙しく遺品整理をしたりする時間がない場合は、プロの業者に依頼することもできます。また、故人への思い入れが強いと気持ちの面で処分するのが辛くなり、なかなか作業が進まないこともあります。そんな場合は、無理をせずに業者に依頼すると良いでしょう。体力的な負担はもちろん、精神的な負担も減らすことができます。

花

残された家族に迷惑をかけないために老前整理を行う人もいる

近年は、残された家族に迷惑をかけないためにも老前整理を行う人が増えています。力仕事もあるため、まだ体力がある40代のうちに始める人が多いようです。それまでの人生の中で溜め込んできた不用品を整理し、自分が死んだ時に家族が処分する手間を最小限にとどめることができます。自分のペースでゆっくり行うほか、業者に頼むという選択肢があります。

老前整理を始める前にチェック!ポイントを知っておこう

男女

一度に全てをやろうとしない

老前整理を始める前は、張り切って早く終わらせようとしてしまいますが、一度にすべてをやろうとしないことです。面倒になり全てを捨ててしまい、後で後悔することがないように注意しましょう。

自分の物だけを整理する

老前整理をやり始めると、自分のものではない物が出てくることがあります。しかし、整理するのは自分のものだけにして、子どもや配偶者のものは勝手に判断して処分せず、残しておくようにしましょう。

新しい収納家具などは買わない

老前整理をすると物を整理するために収納家具が欲しくなることがありますが、今持っている家具だけで済ませることが大事です。新しい物は買わず、できるだけ物を減らすように努めることが大事です。

広告募集中